2016/10/16

手作りにこだわる人必見!雨の日はパン日和♡

 

9月に入って、雨の日が続きますね~。

来る日も来る日も、雨!

あれほど憎かった紫外線が何だかとても恋しいです。

更に。。。

部屋干しのお洗濯ものの湿気も相まって、

目には見えない菌がいっぱい生えていそうです。

でも、みんなが大好きな「パン」も菌で膨らんでるって知ってましたか?

ふわっふわのパンほど、イースト菌が新鮮で元気って証拠です。

もちろんお家で作るパンに限りますが(;^_^A

そこで今日は

 

♡ホームベーカリーで美味しく作れちゃう秘伝のフォカッチャレシピ♡

 

fuwa-bread01

 

とはいえ、ホームベーカリーはこねる工程でしか使いません。

なので、ふわふわで柔らかいパンを作るために、

材料の分量、混ぜるタイミングに大きな秘密があるんです。

 

◆材料◆  25×25スクエア型1台分

 

・ドライイースト      小さじ1と1/2杯

・砂糖           大さじ1杯

・強力粉          300グラム

・塩            小さじ1杯

・バター          15グラム

・オリーブオイル      15㏄

 

◆形成、仕上げ用◆

・ぬるま湯         180㏄

・打ち粉(強力粉)     適量

・岩塩           適量

・オリーブオイル      適量

・ローズマリー(乾燥)   適量

・オーブンペーパー     適量

 

 

◆作り方◆

 

1,材料(形成、仕上げ用は入れない)を

レシピ通りにホームベーカリーに入れてこねて一次発酵する。

2,打ち粉した台にパン生地を取り出し、めん棒やつまようじを使って、

しっかりとガス抜きをする。

 

*ガス抜きをしっかりしないと、焼き上がってから生地がしぼんだり、

キメの粗いフォカッチャになってしまうので、しっかりガス抜きをする事。

 

3,生地を型の大きさに形成し、オーブンペーパーを敷いた型に入れたら、

刷毛等でオリーブオイル(サラダ油でもOK)を生地に薄く塗り、

ふんわりラップをかけ、倍の大きさになるまで室温で二次発酵させる。

4,生地が倍の大きさに膨らんだら、軽く水をふりかけ、

オリーブオイルを薄く塗り、塩、ローズマリーをのせて、

180℃に温めたオーブンで20~30分焼く。

 

*焼き色はお好みですが、キタキツネ色(きつね色は少し薄い)が望ましいです。

 

5,焼きあがったらオーブンから取り出し、型から外して、

ケーキクーラー等の上で冷まします。

 

♡パン生地を膨らますコツ♡

 

イースト菌はお砂糖と触れる事によって、菌の活動が活発になります。

なので、材料を入れる順番は必ず守る事。

・パン生地を扱う時は、絶対にちぎらない事。

生地をちぎってしまうと、発酵してでたガスが一気にしまうので、

形成するときに生地がうまくまとまらず、生地が膨らみにくくなります。

もしも、生地を分けたいときは必ずスケッパー等で切って分けてくださいね。

 

一番うまく焼くコツは「こだわらない事」

 

fuwa-fuwa02

 

よくありがちなんですが、何がなんでも手作りにこだわってしまって、

手でパン生地をこねようとする人がいますね。

私も最初はそうでした。

だけど、よほどの力持ちでないかぎり、

やっぱり手ごねでパン生地をこねるのは難しいです。

実際に有名なイタリアンレストランでも、

手でこねているのは男性のシェフです。

手ごねが悪いわけではないけれど、

焼き上がりはいいけれど、時間が経つと硬くなってしまいます。

だけど、せっかく作るなら時間が経っても最後まで食べられるぐらい、

美味しいフォカッチャを作った方が絶対に良いですよね。

「手作り」っていう事にこだわらないことが、

「美味しく」作れるコツですよ^^

 

肩の力抜いて、美味しいパンをつくってみませんか?

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください