2016/10/07

超癒される!プラバンとレジンで作る優しい桜♪

 

先日の記事にも書きましたが、

もうすっかり秋ですね~

台風や雨の後は涼しくなっていきます。

虫の声も聞こえる様になると、

あんなに暑かった夏がなんだか恋しいです。

そんな淋しい気持ちになった時、

私は必ず観るアニメがあります。

 

冬に咲く奇跡の桜

 

私はとにかくヒルルクが大好き!

優しくて、温かくて、大きくて。。

そんな心から愛するヒルルクの桜を観ていたら、

どうにもこうにも自分でも「桜」を作りたくなりました。

そして一番手軽にできそうなもの。。。

sakura-02

 

プラバンとレジンで作る優しい桜を作りました

 

◆材料◆

・プラバン(B5~)         1枚

・油性ペン

・ネイル(桜の花っぽい色)

・レジン液(ハードでもソフトでもOK)

・ビーズ(花弁用)

・筆          1本

・除光液        適量

・オーブンペーパー   適量

・アルミホイル     適量

・マスキングテープ   適量

・クリアファイル    適量

・UVライト

 

◆作り方◆

 

sakura-03

 

1,下絵となる桜を5センチの正方形の中に書いていく。

 

*絵が苦手な人は同じ大きさぐらいの桜のイラストを探して、

下絵にしましょう。

 

2,下絵の上にプラバンをおいて、油性ペンで桜の輪郭を描きます。

 

3,プラバンに描いた桜をハサミで切り抜き、

ティッシュに除光液をしみ込ませ、油性ペンを丁寧にふき取ります。

 

4,アルミホイル、オーブンペーパーの上にのせて、

200℃にしっかりと温めておいたオーブンに入れ、

縮んで、動かなくなるまで温めたらオーブンから取り出して、

熱いうち(プラバンが柔らかいうち)に、

先が尖っていない棒等で、桜の中心をグッと押して、

立体感を出します。

sakura-sakura1

 

sakura-sakura2

 

*オーブンがちゃんと温まっていないと、

上手くプラバンが縮んでくれないので、

オーブンは必ず200℃に予熱しておく。

 

sakura-04

 

5,プラバンが冷めたら、プラバンにネイルで色を塗っていきますが、

一度に塗ろうとすると、手にくっついてしまって、

キレイに仕上がらないので、2,3枚にネイルを塗って乾いたら、

残りの花びらに塗っていくと良いです。

でもこの作業が私は一番至福の時なんです^^

 

6,UVライトの中に入るぐらいの大きさにクリアファイルをカットし、

クリアファイルにマスキングテープをノリが付いた部分を上にして貼り付け、

ネイルが完全に乾いた桜をマスキングテープの上に置いて固定し、

レジン液を少量たらしたら、筆を使ってムラなくうすくのばしていきます。

sakura-sakura3

 

7,花の中央にビーズを載せて、UVライトで1~3分で硬化させます。

sakura-sakura4

 

レジンを使った筆の掃除

 

レジン液を塗るときに使った筆ですが、

除光液で洗うと綺麗にとれます。

私はお弁当のおかずケースに多めに除光液を入れ、

その中で筆をシャカシャカっと動かして、

ティッシュでふき取ってしまっています。

めん棒やつまようじなら躊躇なく捨てられますが、

筆って、やっぱり1回だけで捨てるのは忍びないですよね。

 

いろんなアクセサリーパーツとして

 

お花のパーツって、アクセサリーを作るひとなら、

以外と広範囲で使えますよね。

私はヘアピン、リングに付けてみました。

 

sakura-01

 

リングもプラバンで作ったものなのですが、

プラバンリングを作ってみたい方は、

「風鈴みたい!プラバンで作るお花の指輪」を参考にしてくださいね。

 

♡桜の花は優しさの象徴♡

 

「このドクロは信念の象徴だ~!」

アニメの中でヒルルクがそう叫びますが、

そのヒルルクの信念は、

どんな状況であっても、

医者として誰の事でも救いたいという優しさという「信念」。

そんな強いヒルルクが私は大好き。

私はヒルルクみたいに天才ではないので、

みんなを幸せにするピンク色の雪は降らせられないけど、

でも、プラバンとレジンで優しい桜を作ってみました^^

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です